やしろ優の交際&同棲相手が番組で発覚

5月6日に放映されたロンドンハーツ3時間スペシャルを見ていました。
やしろ優の家に淳が泊まりに行ったら、ロケ中に何も知らないやしろ優の彼氏が帰宅し、
それがお笑い芸人の笑撃戦隊、野村だったと。
ヤフーニュースで見ると「何だ、くだらない」という感じなのですが、
番組を見ていた時は驚きました。

相手はやしろの事務所の先輩らしいのですが、知名度低く、
でも二人が本当にラブラブで、やしろのノロケながらも照れる感じなどが可愛らしくて好感がもてました。

やしろの初めての交際相手で、ファーストキスもその人と、芸歴6年で交際歴5年とピュアラブが伺えるエピソードも微笑ましかったです。
淳に部屋が汚い事を気にならないのかと指摘されると彼氏が「彼女と一緒に居られればそれだけでいい」と答えた所にきゅんときました。愛されてるんだな、大事にされてて羨ましいなと。
その後、淳が泊まるからと彼氏が近くのホテルに泊まらされている所で爆笑しました。
本当にこの番組のこの企画、大好きです。

最近話題のSTAP細胞疑惑について

最近ワイドショーの時間帯にテレビをつけると、必ずこのSTAP細胞のニュースが流れるわけですが、たった1,2ヶ月前までマスコミの小保方さんに対する持ち上げ方は半端なく、あたかも売れっ子アイドルのような扱いだったのが、今では一級戦犯のような報道の仕方。一人での研究でももないのに、まるで小保方さん一人が悪者のように扱われているのがかわいそうでなりません。今回のニュースは小保方さんを援護する形で会見をしたことで、彼女の周りにもまだ助けてくれるまっとうな研究者がいるのだな、と思いました。

大体、チームで研究を進めていっているのに、実験ノートを確認しない、論文のチェックもしない。理研側にも大きな落ち度があるというのに、小保方さん一人に罪をなすりつけるような会見の仕方、どうなんでしょうか?あの会見を見ていて非常に腹立たしかったです。仮に今回のような疑惑がなければ、理研が生んだ偉大な研究者として、理研の名を大きく掲げ小保方さんで色々と利益を得ていたでしょうに。

今回の件はいかに研究という仕事の内情が、いかに雑であいまいな中動いていたかという悪い一面を見せた事件だったと思います。

おむつ代の価格差30倍、恐ろしい事実

大人用のおむつ代が、医療機関によって約30倍の格差があることが、民間の調査によって判明しました。日常生活に必要な費用や予防接種などの価格は、直接治療に関係ないものと判断され、各医療機関で設定することができます。地域ごとにみると、関東が一番高く、九州、甲信越、中部などの順になっているようです。また、テレビカードの価格のバラつきもあるようです。

予防接種が自費で、価格の差があることはよく知られていますが、大人用おむつ代の価格の差が30倍もあるとは驚きです。

いくら治療に関係ないとはいえ、入院する側から見ると、おむつ代やテレビカードなどは、当然必要経費となります。病院や施設を選ぶ時に、おむつ代の価格などを比べたこともないという方が多いのではないでしょうか。今後、安心して病院や施設を利用することができないと感じました。

多少の物価の差は仕方がないと思いますが、病院や施設の方々に、もう少し真剣に見直してほしいと願います。

ネットのアカウントの継承

自分が亡くなった時に、よくハードディスクだけは壊してくれなどという冗談はありますが、ネットには多くの自分のアカウントが残っているもので、SNSやツイター、フェイスブックやポイントサイトなども考えられます。

人が亡くなると多くの場合は遺族に財産などは継続されますが、ネットのアカウントの継承するということは余り聞いたことはありません。
実際のSNSではユーザーの死亡によりアカウントは遺族に継承されることはないようで、フェイスブックでは死を想定したアカウントの索状方法が用意されているといい、家族や友人が申し出ることにより故人のプロフィールを削除したり、追悼ページに変えてくれるといいます。

しかし、SNSなどのサイトにログインする時、多くの場合は自動的にログインできるような設定になっていることもあり、なりすます事も可能ではありますが、余り利点も内容に思えます。

それよりも、ネット銀行に預金していたり、ポイントがたまっている場合も考えられ、遺族的にはこちらのほうが重要かもしれません。

ネットのデマに左右されやすい日本人

ドラクエにスマートフォン版は最初は批判があったものの、
ドラクエ1の無料配布をきっかけにその後急激に他のタイトルも注目を浴び今ではDOMスーパーライトがかなり人気になっており私も仕事の休み時間や移動時間など暇な時に遊んでいます。

オンラインゲームも含め最近の課金スタイルがアイテムの定額課金からガチャによる課金で収益を上げるスタイルでメーカーも利益を上げようとしているのはすでに周知されていると思います。
私はパズドラも含めてガチャによる課金はしていますが、上限をしっかり決め大きな期待感を持たずに良いのが出ればラッキーだと考えています。

どのゲームにもみんなよりも有利になりたいので課金を沢山したり大量の時間をプレイしたりと熱中しすぎる反面トラブルがつき物ですがDOMの場合は人気で老舗のメーカーだけに確立に関することが大きく批判されてました。
しかし本来ガチャのレアアイテムの扱いはある程度オーバーに表現してお客さんを誘って、
実際に確立が低い物を出す性質があり、出た時こそ価値観がある物なので深追いはしない方がよいと思っています。

すればするほどストレスが貯まりゲームが楽しくなくなります。
今回のように辛さから事実とは違う内容かもしれない事をネットで流したりするのはあまりよくないと思います。
見る側も公式発表を待ち情報を鵜呑みにしたり信用しない方がよいと思いました。

今後2年間はJR大阪駅の監視カメラで位置を特定されてるという事実。

現在、JR大阪駅で監視カメラを用いた位置情報を追跡される実験が行われているとの事。
顔認証を使って1週間の行動を記録されているらしい。
駅での行動を逐一保存されているのだ。

大阪駅では1日82万人乗降客がいるそうだが、その数万人の行動を1週間保存される。
これは防犯を目的とするものとしては、良いシステムなのかもしれない。
けれど、1週間の行動を逐一保存されたんじゃ、ナンパも出来やしない。
データ上に残るだけとはいえ、他人に長期の行動を知られる可能性があるのはあまり良い気がしない。

もしかすると、道を聞いただけなのに、事件に関わった参考人として裁判所に呼ばれる日がくるかもしれない。
まぁ、そんな事よりも、もし3日とも同じ服を着てたらバレるということか。
貧乏人な自分には辛いシステムだ。
これからはJR大阪駅を利用する時には、必ず毎日違う服を着て行かなければいけないな。
そういえば、顔認証って同じお面を被ると同じ人として認識されるのだろうか。気になる。

苦境に立たされた任天堂について

あの任天堂が苦境に立たされてますね。
売上高が3500億も下回り、大幅な業績の下方修正を迫られたらしいです。
最終損益も黒字予想から一転、赤字に転落したみたいなので、インパクトは相当でしょうね。
聞くところによると、250億の赤字だと報じられたりもしているようですね。
不振の理由はいくつもあるのでしょうが、WiiUの価格を5000円も下げて挑んだ年末商戦に失敗した事も原因の一つと考えられています。

個人的に昨年はポケモンX・Yやモンスターハンターをはじめとするビッグタイトルも発売されていたので、
任天堂もさぞかし儲かっているだろうな、と思っていたのですがそうでもなかったみたいですね。
まぁ、ソフト売るのも重要ですが、ハードを売るほうが重要なのかも知れませんね。
ソフトよりもハードの方が単価が高いですからね。

でも、ハード販売に関しては消費者がついていけていない感も否めないんですよね。私もWiiU持って無いですし。
いずれにしても、従来のパターン「ソフトを売って、ハードを買ってもらう」といった、任天堂の基本戦略の見直しが迫られているのは間違いないと思います。

まずは認められること

ついに本田のミラン移籍が決まりました。
今までは移籍するぞと言ってずっと実現しませんでしたが、
今回は実現して、それもセリエAでも有名なACミランです。

低迷している印象をうけるミランですので、
本田がここで活躍し、チーム状態を上向きにできれば、評価もかなり上がることでしょう。
早めにチーム内で地位を確立させてもらいたいです。
個人的にはミランでプレイする本田を早く見たいです。

今まではロシアリーグでしたので、日本ではそんなに有名ではなかったと思います。
セリエAに移籍したことにより、テレビでも放映されることも増えますし、
長友も所属しているリーグですので、楽しみも注目度も増えます。
今年のワールドカップに向けても重要な残り試合ですので、頑張って欲しいです。

本田の実力はある程度認められると思いますが、
まだ、中田英寿ほどのインパクトは感じていません。

ミランというビッグクラブに移籍した今が一番のチャンスです。
本人がいう、レアルマドリードでプレイしたいという野心を
かなえるためには重要なステップだと思います。

これからは3つ巴の争いです

docomo も i-Phone の販売を開始しました。ちょっと売り方の勝手が悪くて在庫が切れて、売り上げが上がらないみたいな事も有りましたが、だいぶ落ち着いて、販売も好調になって来ました。初代 i-Phone の販売は当初、ソフトバンクでは無くて docomo がやるはずだったみたいですが、蓋を開けてみたら、ソフトバンクが販売をしていました。それから au も販売に参戦して、2強の戦いになりました。

ガリバーの docomo は顧客の流出が止まりませんでした。日本は android よりも i-Phone が強い事が証明されました。貴重な売れ筋機種です。意を決して docomo も販売に参戦して来ました。

これからは、本当の意味で三つ巴の戦いになると思われます。docomo から離れた顧客も、i-Phone を販売する事になり、又 docomo に戻って来る可能性が高いと思われます。それだけ、老舗の docomo は強いです。今回の事で判った事は、やはりユーザーが求めている物を販売しなくて駄目だと言う事です。これからどうなるかは、docomo 次第です。

自分の過ちをまず見つめなきゃ

このニュースを見たとき、衝撃が走りました。ほかの男と付き合っていて、その男の間にできた子供を大沢樹生の子供としてできちゃった結婚をして、離婚したら親権を血のつながりのない大沢樹生に持たせて、自分はほかの人と再婚している。血のつながりがないことがばれたあげくには、自分の子供を「少年」よばわりして、マスコミが悪いと言っている女。こんな人が子供を産むなんて信じられないです。自分が幸せならそれでいいという考えなんでしょう。

昔は「静かなるドン」に出ていて案外好きだったけど、今、添付されている写真を見ると、性格の悪すぎる女にしか見えないし、頭に角が生えているように錯覚してしまうほどです。これは家族の問題でマスコミや世の中には関係ないと思うかもしれないけど、「夢」を売る仕事をしている以上、しっかりと真実を話して、内容によっては謝罪すべきだと思います。そのうえで、マスコミが過剰な報道をしすぎるなら、この言葉もわかるけど、今の状態でマスコミが悪いと言える立場じゃないと思います。